川田屋は飲食店様と共に『心と心が結びつく時間』を創造します。

代表挨拶

酒販免許制度が昭和13年に導入され、様々な法改正により昭和28年に現行の酒税法へと引き継がれ、現在まで80年の永きに亘り、その基本的な枠組みが維持されています。川田屋株式会社も、この制度と共に時を刻み、昭和26年の創業から信用と信頼を築き、業務用酒類卸としての発展を遂げて参りました。

私はこの川田屋の65年以上に亘る歴史を紡ぎ、ご提供する商品と提案を通じて、飲食のシュチュエーションの中に生まれる『心と心が結びつく時間』をお客様と共に創造し、酒類業界、飲食文化の発展のために従業員と共に力を注ぐ所存です。これからも全てのお得意様のご繁盛のお役に立ち、地域の発展に貢献できる愛される企業を目指して参ります。

川田屋「Vision」

川田屋は、お酒を通じて『心と心が結びつく時間』を創造し、酒類業界、飲食文化の発展のために存在します。

川田屋は、お得意様のご繁盛のお役に立ち、地域発展に貢献できる『愛される企業』となるために存在します。

川田屋
「Mission」

社是

積極的な行動で 一致協力し パートナー(お客様・関連業者)企業と共に 喜びを為す

経営理念

川田屋「Action」

川田屋 五訓

立志:大志を抱き、決めたことをやり抜こう
小さな目標でも成功体験を積むことで、大きな夢、大きな志へと変わります。そして、その夢・志に一歩でも近づいていくことで達成感や充実感が生まれ人生における充足感(幸せ)が生まれます。
道徳:相手の気持ちに立って、明るい挨拶をしよう
明るい挨拶は相手の心を暖めます。相手の顔を見ず、心が通っていない挨拶は相手の心を傷つけます。挨拶は良好で幸せな人間関係を創ります。目上の人を敬い丁寧な言葉をつかいます。
行動:出来る理由を探し、スピード感に意識を持とう
基本受け答えはYES。嫌な顔をして断ってしまうと結局やるべき事が滞り、しわ寄せ状態となるどころか、次のお願いは無くなります。私だから出来る!スピーディーな対応で信頼を掴みます。
信用:常に改善を考え、丁寧な仕事を心掛けよう
改善とは壊すことから始まるのではなく、今ある状況をより良くすること。焦ることなく煩雑にならず、丁寧に仕事を行うことが結果、最善の策であり、信用への近道であるとことを忘れません。
機会:人脈を広げ、学び与える姿勢を持ち続けよう
人の心に入り込めない限り継続的な仕事には繋がりません。学ばせていただく、与えさせていただくことで道が開かれ自身の成長、会社の発展、社会への貢献に繋がります。

会社概要

商号
川田屋株式会社
住所
本社
〒194-0022 東京都町田市森野1丁目26番地10号
川田屋木曽配送センター
〒194-0037 東京都町田市木曽西4丁目32番地1号
創業
昭和26年2月26日
設立
昭和45年4月 1日
資本金
3,000,000円
代表者
代表取締役 川島 敏徳
従業員数
30名
取引銀行
八千代銀行 町田支店・東京三菱UFJ銀行 町田支店・三井住友銀行 町田支店 横浜銀行 町田支店 山梨中央銀行 町田支店
事業内容
全酒類・食材・冷凍食品・清涼飲料水・塩・雑貨・タバコ等の販売及び、それに関する事業
売上高
平成27年度 11億円

所属団体
町田商工会議所会員 公益社団法人町田法人会会員 町田市倫理法人会会員
町田酒販組合会員 業務用酒類連合会会員 日本名門酒会会員
町田青年会議所シニアクラブ会員 日本JCシニア・クラブ会員 町田警察協議会会員

会社沿革

昭和26年
現在の本社所在地である東京都町田市森野1丁目26番地10号にて川島隆夫名義で食品・味噌・醤油等の小売店を創業
昭和38年
川島隆夫名義で酒類販売免許を取得し、酒類等販売に従事
昭和45年
有限会社川田屋を設立
昭和51年
東京都町田市森野1丁目26番地10号に本社を新築
平成9年
川田屋木曽配送センターを開設
平成11年
川島捷徳 代表取締役社長に就任
平成12年
「お酒のディスカウント」KLCチェーンに加盟
平成20年
株式会社に組織変更
平成25年
川島敏徳 代表取締役社長に就任
平成28年
お客様販促支援事業 リピアップのリリース
現在に至る

CONTACT

TEL
042-793-1230 月~土 9:30~16:30
FAX
042-793-1238 24時間受付
メール
info@kawataya.co.jp 24時間受付

PAGE TOP